<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

風まかせ♪

a0141400_15105821.jpg


空を泳ぐ鳥たち

波と戯れる人たち

みんなみんな、風まかせ♪
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-29 20:50 | 心魅かれる瞬間

秋の贈物♪…裏庭で!

a0141400_23312181.jpg


もう駄目だと
すっかり諦め
忘れ去っていたのに…。


ワォ〜!!!

こんなに大きなシイタケくんが
ひっそ〜り、育ってくれておりました♪


私のグローブより大きくてぶ厚い〜(笑)


味は期待してなかったのですが、
かなり美味しかったのですよ♪
青菜と一緒にバターソテーしました。

。。写真撮り忘れてしまいましたぁ…(食い気に負けてしまったぁ・汗)
気がついた時は皆のお腹の中でした(苦笑)


シイタケくん、ごちそうさま!
ありがとう〜♪
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-27 20:02 | 日々の輝き

母心です

a0141400_15584614.jpg


坊やは
・・オソル・・オソル・・・
寄せる波に近づいていく。
小さな恐怖を見守る・・・母心。
大丈夫、大丈夫、ここで見てるよ♪


波打ちぎわの微笑ましい親子に
出会いました。

男の子は繊細な心を持っています。
だからやがて大人になって
大きな冒険にも挑むことが出来るのだと思います。
私は人間が生まれた時の
心の容量は同じなんじゃないかなァ~と思うのです。

傍にいる大人が
小さな心が大きく育つように見守ってやらなければ
せっかくの繊細さが強さに成熟できない・・・。
人間が心を育てる、勝手に育ってはくれないのです。
それを母親が見失っている現代ですね。

・・・じっくり時間をかけて
心を・・愛情を懸けてやらなければ・・・。


我が家の息子は来年成人式を迎えます。
やはり、波をこわがり、虫が苦手な子どもでした。
(まだまだ子どもではありますが・笑!)

自分の将来に夢を持って、
色々と試行錯誤の日々を送っています。

苦労をすればいい。
若いうちに沢山の苦しみや悲しみを味わって、
いつの日か、
本当に大切にしたいモノに
真心で尽くしてほしい・・・。

自分スタイルの幸せを生きてほしい!

子供たちが自立していく日も
そんなに遠くないのだと
感慨深く・・チョッピリ感傷的。。

さあさあ、
私も人生後半を大切に
子どもたちに負けないくらい自分スタイル♪
楽しんで生きたいと思います・笑。



え?
女は?ですか・・・笑!
生まれつき大胆な心を持ち合わせていますよね(笑)
娘を見ていてもつくづくそう感じます。
お腹の中の6週間まで誰もがX染色体、
すなわち“女”で生存しているのがその証拠では?
男って大変です、こんな図太い女を相手にしなくちゃいけないのですから~笑。
頑張って~!!!
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-26 17:20 | 心魅かれる瞬間

ある日の夕暮れ


a0141400_062032.jpg


a0141400_09511.jpg


夕陽を追いかけた。

無心でシャッターをきっていた♪


・・・言葉はいらない・・・。
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-22 00:21 | 心魅かれる瞬間

背中の翼


ここ!ここ!

ほら、ここだよ!

a0141400_1621517.jpg

君の背中には
こんなに素敵な翼があるよ。

見えない翼。

辛いこと悲しいことを
乗り越えるたびに
少しずつ成長して来たんだよ。

思いっきり!
大きく広げてごらん。

この大空を
自由に飛べばいいんだよ。

嵐が来たってへっちゃらさ!
どんなことがあっても
翼が君を守ってる。

僕も見守っているからね。


さあ!

前を向いて飛び立つんだ。

そう!

前だけ見つめて。

自分の翼だけ信じて!

a0141400_1632163.jpg


昨年の秋。
海岸の自転車ロード。

ふっ♪
空から声が聞こえた気がして
見上げた西空。

この雲の翼をみつけた時、
言葉にならない感動がこみ上げました。

[PR]
by harukahikaru | 2009-11-19 16:19 | 写真&ことば

いつもの朝・・・空と海と・・・



最寄り駅まで
ゆっくり♪歩いて15分。

前後カゴ付き自転車。
後ろのカゴに夫のカバン
前には私の麻袋。

夫の歩調に合わせて・・・ゆっくりペダルをふむ。

結婚して20年が過ぎた。
数回の引っ越しをしたけれど
いつもできる限り駅まで見送りをするのが
私たち夫婦の習慣♪

新婚当初、夫の両親と同居状態、
毎晩午前帰宅3,4時間睡眠の猛烈仕事人間だった夫・・・。
その時間くらいしかふたりっきりで話す時間がないという訳で
始めたことだったような・・・笑!

今はた~っぷり話す時間もとれるのに
習慣化している・笑♪


人間皆、避けては通れないのに・・・
いつ天に召されるか、誰にもわからない。

『あの時・・・どうして・・・。』

そんな思いだけは極力避けたい!

改札を抜けて
ホームで電車に乗るまで
夫は何度も振り返って手をふる。

幸い始発駅なので
必ず静止した車両に乗れる。
見送る私も慌てずに手を振り返す♪

・・・ふっと思う。
これが最後になるかもしれなない・・・。

だから、絶対に気持ちいい見送り♪をしよう!
小さな小さな別れと出会いを繰り返して
暮らしていることを大切に楽しもう♪

二度と会えなくなる日が
必ず!いつかやってくるのだから。

『気をつけて、行ってらっしゃ~い♪』
心の声は目には見えないお守りになる~☆



さあ!
電車に乗り込んだ夫を見届け、
私は海岸に向って
ペダルを思いっきり!踏み込む。

首からさげたカメラを気づかいながら・笑
さあ、今日の海と空模様が楽しみ♪
潮風に吹かれながらファインダーを覗きこむ♪♪♪

どんな空も
雲のお絵描きは永遠の一瞬☆

あるがままは常に変化するものだと
教えてくれる。

自然の中で
私の心が厳しくも優しい声にならいコトバを聴く。

a0141400_12265833.jpg


これからお天気は晴れにむかう♪
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-18 12:39 | 自然の輝き

突然の停電


正午前後のお昼時。
突然の停電!

・・・もしかして・・・うちだけ?
ブレーカーを見ても正常。
ご近所見渡してもよくわからない。。。

そのうち点くでしょう~♪

日々当たり前になっている電気の存在。
電話も使えなくなるんだわァ・・・。
炊飯器が冷たくなっていく。
そうか・・電気ポットも使えない・・・・。

すっかり!当然状態。
・・・ありがたみを忘れてたなァ・・・。

a0141400_13284980.jpg

これでガスも使えなかったら・・・汗。
日頃の心構えが大切。
紅茶の香りは穏やかな時の流れに
ゆ~ったり浸らせてくれる。

寒い冬に向かっての準備♪
a0141400_13295710.jpg

陶器の湯たんぽが冬の夜をほっこり♪眠らせてくれる。
秋の夜長に編んだショールは外出時も離せない。
心も体も包みこんでくれるお守り♪


感謝の気持ちが
明日の温かい幸せに繋がる♪
・・・そんな気持ちが心から溢れてきた。

どれくらい経ったのだろう・・・。
ティコゼーで保温された紅茶が
まだ美味しい間に電気が戻ってきた。

突然の停電は
私の心の錆びつきに
気がつかせてくれたのでした。


寒い冬だからこそ
心の温かさが恋しくなりますね。
家族の湯たんぽ役♪の私
これから忙しい季節です;笑
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-17 14:01 | 日々の輝き

嵐が好きです♪

a0141400_11415525.jpg


熱海の秋。

片手にカメラ
身を乗り出し、
海に浮かぶ島々(初島、大島)を臨む私。

風にゆれるススキが笑ってました♪



前日は嵐♪の夜でした。
熱海から伊東線に乗り換え3駅目。
網代温泉はしっとり静かな隠れ家風。
心も体も癒されて、リフレッシュ効果抜群!

帰りは熱海で途中下車♪
嵐が空の大掃除してくれたおかげで
初島と大島が
くっきり青い海に映えてました。

心も大掃除しないと!・・・ですね♪



追伸・ちなみに嵐のメンバーでは大野くんが好き♪です・爆!
 
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-17 12:06 | 自然の輝き

いつもの空が・・・♪

a0141400_11028.jpg

嵐が過ぎ去った燃える空

・・・すべてが光の灰になればいい

a0141400_1131978.jpg





09.11.14
いつも見る空が
特別な空になった夕暮れ♪

明日はきっと!
いい天気~♪
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-14 22:22 | 自然の輝き

色々な自分


いつからだったでしょうか・・・?

心から溢れる想い“詩”を書きたいと思い始めたブログ
言葉の錬金術~光と風に心こめて~
~風光(かぜひかる)~

ことばは凄くもあり・・・無力でもあります。


言葉だけでは表現できないものを
表現したいと思いました。


そして・・・
「あるがまま♪・・が好き。」
~悠夏haruka~

ここで何を表現できるのか・・・?
未知数な始まりです。

ただ、あるがまま♪・・に
自分の色々な感性を
楽しんでみたいと思います。
[PR]
by harukahikaru | 2009-11-11 11:55 | はじめまして♪